SSブログ

むずむず脚症候群とこむら返り [治病]

20230914154615[223].jpg
私が昔から悩まされている左足の症状があります。
それは、むずむず脚症候群とこむら返りです。

前者は近年まで症状を医師に認めてもらえない不調でした。
こんなのは私だけなのかと思っていたくらいです。

私の場合は、痒みで、主に足の裏が痒いのですが、
虫刺されの時のように皮膚の表面が痒いのではなく、
もっと奥の方が痒くて、かいてもかいてもすっきりしないのでした。
小学生くらいの頃からこの症状があったのは、覚えています。
授業中に苦しんでいたのを覚えていますから。

原因とされるものに、「脊髄や末梢神経の異常」があげられていますので、
これが該当するかと思います。

そして、もう一つのこむら返りは、夏と冬に多くなります。
夏は、睡眠前に充分な水分を摂っていないとなりやすく、
冬は水分摂取のほかに足元の冷えも原因になっているようです。
足先の保温ができている時になったことは、ないかと思います。


どちらも足の症状ですから、ベースチャクラ関連と思っていましたが、
カトリーナ・ラファエル女史の「クリスタリン・イルミネーション」を読み、
スモーキー・ルチルクォーツを使って「足の目」を活性化させる瞑想を
実践した後は、むずむず脚症候群はぴたりと出なくなりました。

残念ながらこむら返りは、未だ悩まされています。
私は特に足の裏もなりやすく、なって痛みに飛び起きて、
床に足を下ろそうとしても、筋肉のこわばりもなかなかのもので、
全体重をかけてやっとというのもしばしば。
つまり、両足つけて立つくらいでは、こわばった筋肉も伸びやしないのです。
また、太股とふくらはぎが同時という、伸ばすことも曲げることもできないのも、
よくあるパターンだったりします。

起きて急いで水分を摂取しても、すぐには改善されません。
けれど、速攻なのがエーテル体のベースチャクラのヒーリングです。

こむら返りが起きている時は、必ずエーテル体のベースチャクラの活動は、
低下しているからです。
エーテル体のベースチャクラの低下が他のエネルギー身体からの影響であっても、
肉体の症状は取り敢えずエーテル体を改善すれば、落ち着くものです。
ただし、根本解決にはならないので、元をヒーリングしないと再発します。
私の再発が防げないのは、ベースチャクラの不調の原因が、
コーザル体よりも上にあるからです。

地道にヒーリングを進めるのみです。
世の中のほとんどの人は、私ほどの苦労なく治せることと思います。


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 10

コメント 2

AKAZUKIN

こむら返り、痛いですよね。。
私も時々なります。
ずっと足先の冷えに悩まされてきましたが、少し前に抱き枕を購入して(長いタイプ)両手、両足で挟んで寝ると、鼠蹊部が温まって、足先の冷えが少し楽になりましたよ〜
by AKAZUKIN (2023-09-19 12:09) 

A・ラファエル

AKAZUKINさん

座り仕事をしている人は、足に影響するベースチャクラの
不活になりやすいのです。
毎日15~30分歩くだけで違いが作れます。
他、下半身に赤いものを身に着けるのもいいですよ。
by A・ラファエル (2023-09-19 23:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。