SSブログ

☆☆お知らせ☆☆

HPをリニューアルしました。
まだ改装中ですが、公開しております。

☆https://emerald-heart.amebaownd.com/
前の20件 | -

ヒーリングセンター [治病]

DSC_0261.JPG
東京は蒸し暑い日が続いていますが、皆様は体調を崩されていたりはしませんか?
私は迷わず部屋では除湿をかけて過ごしていますので、大丈夫です。

今週は7月から始まるお仕事の打ち合わせに行ってきました。
それは、幼馴染みが治療院&Cafeを始めるのです。
彼女は、氣功師としてすでに口コミでクライアントを取っていましたが、
離れの増築が済み、そちらで平日は働いている知人と一緒に開院、水曜だけCafeとして営業。
このCafeの日にミニワークを提供する協力者として私はお手伝い致します。

幼馴染みの意向として、「儲けない」というのがあるため、
こちらでは低価格での提供です。

私が予定しているワークは、
 ○名前の数秘
 ○フラワーカード
 ○クリスタルによるチャクラクリーニング   等を予定しています。

どれも30分から1時間位でのワークです。

場所は私が以前住んでいた調布市国領町です。
興味が沸いたお近くの方は、遊びにきてくださいね。


さて、表題の「ヒーリングセンター」ですが、
人間の持つ癒しの力ってどこから出ているのでしょう。
放出部位としては手が一般的ですが、これが全てとは思えません。
何故なら、私自身が長年言葉による癒しを行ってきたからですね。
そもそも癒しの力ってどんなものなのか?という疑問も涌いてきます。
物理的な治癒の力、小さな怪我ならほっといても治るのが、私達です。
この治る力も癒しの力の一部だと私は考えています。
誰しもに備わった治る力ですが、病気や怪我には治るものと治らないものがあります。
医学的には治らないものの代表である先天性の障害と向き合っているのが、私なのです。

治らないものの筈なのに何故か、治ると断言されたこと数回。
その方法を手探りで試し続けてきたわけですが、
先日医師に「肝臓が・・・」と言われて改めて注目することになったのが、
第3チャクラです。
肉体に不具合が出るなら、そこと関連する内分泌、チャクラには、
支障があるということです。
ですが、あまり具合が悪いと意識したこともなかったのが、第3チャクラでした。

オーラソーマでは第3チャクラは、イエロー/ゴールドと関連づけされますが、
レムリアの教えでは、燈黄色で神の第6光線と関連づけられています。
神の第6光線とはリザレクションフレームのことです。
リザレクション-甦りの力と関連しているわけです。


私は自分の肝臓を癒そうと第3チャクラのヒーリングを試みましたが、
癒してもある程度時間が経つとここが不調に陥っているのに気がつきました。
外的要因がなくてもなのです。
何度か繰り返してみて、
これは『ロックが掛かっている』状態と理解しましたので、
「ザ・ジャッジ」に許しを希いました。
この願いが通って、やっと第3チャクラのヒーリングが定着し始めました。
つまり、これまでの私の肉体は、一定以上の水準の癒しはならないようになっていたのです。
これが宇宙の法則による私のカルマでした。


地球のアセンションが叶い、すでに「カルマというカルマはあらじ」とは、
言われていても、何もしないでカルマが消えるわけではないということです。
意識変革だけでも実現しない、具体的なアプローチも必要ということ。
来月の検査までに癒しきれるのか、楽しみになってきました。

ちなみにに増加の一途をたどっていた体重は、振り幅はあれど減少傾向へ
向かい出しています。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

トルコ石 [クリスタルヒーリングⅠ]

DSC_0266.JPG
皆様は夏に似合う石と行ったら何を思い浮かべるのでしょうか。
ここ何年も夏になるとアクセサリーとして復活するターコイズカラーのものという、
様子を見かけるような気がしています。
ただ、ターコイズカラーのものであって、本物のトルコ石とは限りません。
というのも、トルコ石には、見た目では区別がつかないクリソコラという
同じ鉱床からも採取出来る石があります。
写真の右下のルースがそうで、これはトリプルAグレードのものですので、
透明感のあるものですが、グレードが下がると、見分けはつけられません。
ネイティブアメリカン達は、どちらの石も好きで、アクセサリーに使いますが、
区別をしたい時は、口に含むと味でわかるのだそうです。

また、トルコ石にはこれまた選別の難しい偽物が多く出回っています。
よく見かけるのが、練り物とハウライトトルコです。
前者はプラスチック性が多いので、触ったり、爪ではじいた時の音などで、
判別がつきます。
後者は本来は白い石にグレーの筋が斑に入った天然石ですが、
これを染料で染めてしまうと、トルコ石のそっくりさんになるのです。
こちらは善良なお店は、『ハウライトトルコ』として売られていますが、
悪質なところでは、トルコ石で通そうとされます。
区別は知っていれば単純な話で、
トルコ石というのは、価格の安い石ではないのです。
ネイティブアメリカン達がアクセサリーとして身につけているのですから、
アメリカ南西部でも採取はありますが、
トルコがヨーロッパへの経由地という名前の由来からも
想像できるようにイランやアフガニスタン等が産地で、
古い時代から砂漠を人海戦術で石を販売ルートに出していたわけで、
どうしてもコストの高くなる石なのです。
オーラソーマジュエリーの前身であるオーラジョーティージュエリーで、
最も原価の高い組み合わせと言われたのが、33番を表すラピスラズリとトルコ石の
コンビでした。
ところが、安価なそっくりさんが横行しているために、
トルコ石まで安い石と勘違いしている人が多いようです。

さて、安い偽物でも利点がありまして、本物のトルコ石は太陽光で退色する
性質を持っています。
ですから、決して夏向きの石ではありません。
偽物達はこれを気にしなくてもいいので、気軽に愉しむのにはいいでしょう。


本物のトルコ石のヒーリング効果は、第7チャクラの働きを整えるもので、
直接に癒しをもたらすというよりも、オーラの流れをよくし、整えるといった
補助的な働きをします。第7チャクラそのものが全身の内分泌を整え、
人生全体に働くチャクラですので、傷ついた過去の何かを癒すようなものではありません。
青空のような色そのものに現れている天啓的な性質の石なのです。
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ゾイサイト [クリスタルヒーリングⅠ]

DSC_0260.JPG
癒しの石としては定番になっていても、私の興味を惹かない石があります。
私の傾向として不透明な石は、あまり必要性を感じないのです。
この故に同じゾイサイトでありながら、
タンザナイトには惹かれるけれども、ルビーインゾイサイトには惹かれないのでした。

普通なら、後者の石には2種類の違う石が入っているのですから、
パワーが強いものなのですけれど、私には関係ないようです。
私のガイドによると、
「不透明な石は、より肉体に近い癒しをもたらす。」そうです。
私に必要なのは、魂の癒しでしたから、
光の多い、透明な石に惹かれるようです。

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、
タンザナイトはゾイサイトのなかの青紫に結晶したものが、この発色が、
暮れなずむタンザニアの空の色のようと、命名されました。
つまり、ほかの色に結晶したゾイサイトも産出されます。

一般的には、タンザナイトが魂レベルを癒す石とされるので、
ほかの色であるゾイサイトも魂レベルに働くと感じられるのでしょう。
けれど、私はこれまでまったく惹かれなかったのです。

先日緑系の大きさのある石を探していて、安かったので、購入しました。
初めて手にしたルビーインゾイサイトでしたが、
やはり私は魂よりも肉体に近いところのエネルギーが動くと感じました。
癒しの石 ベルンハルト・グラーフは、『多産をささえ、卵巣や精巣の疾患を緩和して・・・』
と書いていますので、セクシャリティの問題に働くようです。
特に、ルビーインゾイサイトは、『性的能力の強化』をするとも。


最後に注意として、宝石として市場に出回るタンザナイトの多くは、
エンハンスメント(色揚げ)がされています。
この時点で石のエネルギーは、期待できなくなります。
眺めたり身につけることでのその色としての癒しパワーには、関係ありません。
色に惹かれる人は、その色の光が必要なのです。
エンハンスメントされていることを気にする必要はないでしょう。


石を選ぶ時は、ご自分が欲しているのは何故なのか、
そこにある動機と目的にあった石を選ばれますように。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

花粉症が辛い・・・ [花粉症]

IMG_20220331_112720_857.jpg
皆様今日は、3月は花粉症でぼーっとしたまま終わったように感じる私です。
今年は何故こんなにきついのかと首を傾げていたのですが、
症状が落ち着いてきた今なら理由がわかります。
思考力がいつものレベルに戻ってきましたから。

花粉症って、くしゃみ鼻水だけの問題ではないんですよね、本当。
食欲は落ちるし、眠りにも影響する上に、寝不足は症状を重くします。
今年の私がしんどくなったのは、これが原因でしょう。

そもそも1~2年前くらいから、睡眠が不規則になっていて、戻すのに苦労していました。
眠ろうとしてもなかなか入眠が出来ず、明け方近くにやっと眠るために、
朝早くには起きられない。
ゴミ出しのために無理やり起きてはいますが、そうすると寝が足りないので、
夕方くらいに寝落ちしてしまいますが、必ず夜中に一度目が覚めるのです。
そこで、寝る準備をきちんとして寝ようとしても今度はすぐには眠れないのです。
朝方でしたら二度寝もできるのが私なのに、夜はそうもいかないのです。

トイレの問題があるので、寝落ちして朝までにはならないほうがいいのではありますが、
夜中に眠れなくなる理由がよくわからなかったのです。


この原因については、J医大での担当医が移動になることと、毎年1回受けていた
血液検査が偶然の答えをもたらしました。
最後の診療になるからと、普段よりも血液検査の結果を丁寧に診てくださり、
「コレステロールが気になる・・・!?」と、次に予定していたエコー検査を、
腎エコーだけでなく、腹部エコーも依頼することになりました。

私、会社員であった時の健康診断でも、高コレステロールで栄養指導が入ったのですが、
太ってはいないのです。しかも、ボスコベジタリアンなのに・・・。
原因がよくわからないままでした。
今回は、ALTが20というのが微妙な感じらしい。
帰宅してネット検索したら肝臓脂肪についてを診る項目らしく、この数字は立派な
肝臓脂肪予備軍でした。30越えたら完全に異常と見なすようですが、
過去の検査結果を比較したら、2017年は46というとんでもない数字をみつけました。
でも、ここ数年は20をキープしているという状態です。

それで、肝臓の状態がよろしくないを前提にしてみれば、
第三チャクラに乱れが何時もあることとも繋がりました。
冷えとりの本で五行の所を読み返せば、夜中の「1時から3時に眠れない」という、
症状の記述を見つけました。
いつも目が覚める時間と一致します。

肝臓は沈黙の臓器と言われ、不調があっても痛みなどの自覚症状が出ない場所と、
されています。
けれど、東洋医学的には、肝臓の経絡が目と繋がっているので、
目の病気の原因ともなり、飛蚊症等は肝臓の機能障害と関係していると、
まったくの無症状ではないのがわかるのです。


腹部エコーを受けられるのは、予約がいっぱいのために、7月になりますが、
それまでに自分でどこまで癒せるかをチャレンジ中です。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ゴシュナイト  [クリスタルヒーリングⅠ]

DSC_0179.JPG
ゴシュナイトとは、私の好きなベリル属のなかの無色透明なもの、
ホワイトベリルのことです。

ベリル属は全体的に、魂に働き、色の違いは働く方向性の違いとなっています。
ゴシュナイトは誕生/死のトラウマを癒すと故ジェーンアン・ドゥ女史は、
その著書に記しています。


誕生/死のトラウマとは、何か。
長年この石に惹かれ、その傍らヒーリングを仕事にしてきた私の元を
訪れるクライアントには、傾向というものがあります。
親と子の葛藤を抱えているいる人、これ故に自分の生まれに傷ついている人、
恋人に死なれたまたは自分の死を考えている等という深刻な状態の人です。

それらの全ての人に尋ねたわけではありませんが、
このようなクライアントのなかには、
親が自分を妊娠中に子供に対する拒否感を持っていたのが判っている人もいました。
(胎児の記憶ですね。)
または、セッション中に選んだエッセンスで判明する人や
実際に誕生時に臍の緒が首に絡んでいた人もいます。

臍の緒が首に絡んでいた人は生涯にその影響が出るとも言われています。
(ただし、ヒーリングで影響は消せます。)
この辺りについての詳しくは以前書いた
バーストラウマ(誕生時の傷)https://emerald-heart.blog.ss-blog.jp/2014-06-21 を
ご参照くださいませ。

誰もが忘れてしまう自分の誕生の時の記憶、
けれどもこれは忘れたとしても顕在意識においてのみで、
潜在意識には生涯残っているので、一生を左右するトラウマにもなるのです。

私の生まれた時は「破水が早くて大変だった。」とは、聞いていました。
つまり、一応難産の方に入るらしい。母が他界しているのでもう詳しくは聞けませんが。
私は自らヒーリングは色々体験しているので、
どれで完全克服したとかはわからなくなっていますが、
私のもつエネルギーに惹かれてくる人の傾向をみれば、
自分が癒された部分や癒すべき部分が鏡として理解されます。
ゴシュナイトはいつのまにか好きだけれど気にならない石になっていました。


そうしたことで、私はこの石が妊娠中の胎児側が受けたトラウマや、
出生時のトラウマを癒すのではないかと思うのです。
ただ、難産だったとしても母親は子供が産まれてくれれば滅多にトラウマには、
ならないだろうと推測しています。

こういう顕在意識にないものを癒すというのは、難しさを伴います。
本人には癒すべきものが見えていないからです。
けれども、潜在意識にすり込まれたものは生涯に影響を及ぼします。
簡単に言ってしまうなら、
難産で苦痛の多い出産を経験した者は、
生まれてくることは苦痛が伴う→生きることは苦痛が伴うのが当たり前として存在する。
こういう人は、潜在意識という本人の無意識が何かの選択の折に苦痛のある道を
選ぶ生き方をするのです。
これは苦痛のない簡単な道がある時にも働いたりするから厄介です。

もし、この記事を読んで気になる人、または写真のゴシュナイトが気になる人は、
覚えがなくても癒すべき誕生/死のトラウマがあるのです。

ちなみにこの記事でアップしているゴシュナイトは、メルカリで販売中です。
私へ直接申し込んでいただいても販売致します。
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

年頭のご挨拶 [営業のご案内]

DSC_0165.JPG
皆様旧年中はこのブログを訪問いただきありがとうございます。
転倒事故から始まった天中殺の2年間、ひたすら回復に努めてまいりました。
お陰様でそろそろ調子を上げていこうかと思う程度にはなりました。
失った歯等現代医学ではもとには戻れない部分もありますが、
変化に対応できるのが私の長所ですので、ご安心くださいませ。

4日までには帰宅し、通常の生活に戻る予定でいます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。



☆こちらは予約投稿です。
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

東京ミネラルショー30ts [クリスタルヒーリングⅠ]

DSC_0164.JPG
日曜日に行ってきました。池袋めちゃ混みでした。
ミネラルショーは二部制で午前枠と午後枠に分けるからか、まぁ動きやすいレベルで、
混雑せずに選べました。
海外のバイヤーは出店できないから、国内の小売店からの出店が増えているようでした。

私は知人の所と、以前知った宮崎の国産水晶を扱うお店と、会場で久しぶりに見かけた
おじさんの所という3店舗のみから買い物、多分過去最低価格で収まったと言えます。

ゲットしたのは、

タンジェリンクォーツ  水晶の表面に鉄が付着してオレンジ色になったもの。

キャンドルクォーツ   水晶の柱面を接した小さな結晶がたくさんくっついている。
            この水晶達は全部同じ方向を向いている。

糸魚川翡翠       国石である翡翠、写真に撮ると緑が濃くなってます。

という種類ですが小ぶりのものばかり。

水晶は、ニードルフエルト制作で使う気でいるから、大物は狙っていないのです。


タンジェリンは浄化に優れ、病気回復の時は枕元に置くとよいとか。

キャンドルクォーツは人間関係に疲れた、傷ついた心を癒すと言われていますが、
あまり多くの産地がなく、私が以前手に入れたところも、それが最後の採取で閉山、
写真の真ん中の石の産地、祖母山も現在立ち入り禁止になっていて、
新しい採取は難しくなっているそうです。上から2番目は、高千穂の石です。

正直に言って私にはよくわからないのですが、こちらの店舗ブースに入ってくる人達は、
「波動が高ーい!」と、言って驚いている人をよく見かけます。
私いつのまにか鈍くなったのか?!と焦りましたが、
ハイアーセルフ曰く、
「自身の波動が高いからわからなくなっているだけ」とか。
この言葉を信じるしかないです。


糸魚川翡翠は、某テレビでは海岸で簡単にみつかるような番組が放映されたそうですが、
こちらも色のあるものは、殆どみつからなくなってきているとのこと。
個人的には白翡翠も黒翡翠も、綺麗と思います。
ですが最も価値が高いとされているのは透明感のある緑色のもの。
このようなものはみつからないでしょう。
翡翠は豊かさの増幅に働きます。
他の石と組み合わせれば、その他の石の得意な分野を増幅する。
例えばローズクォーツと組み合わせれば、愛情についての豊かさを。
金運には・・・と、単独よりも組み合わせが面白い石かもしれません。


写真真ん中のキャンドルクォーツは、
私が最初に首だけ作り、後からボディを作ったユニコーンの角になりました。
あのユニコーンはどの石をおいても落ち着かない感じがしていたのですが、
今回ようやくぴったりのがみつかったのです。
もともと少し幼い雰囲気のある子だったので、
短い水晶になったことで、ますますそれが前面に出てきました。
ユニコーン達は、
自分で作っているのですが、私の意思ではままならない方向に向かうことがあります。
まさに石を使ったワークだからかも知れません。



nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

クンダリーニの逆回転 [治病]

20211104133908.jpg
こんにちは、すっかり一ヶ月に1回の更新になってしまっていますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
更新頻度が落ちたのは正直ネタがない、進捗がないからで、
私はここ何年も安定しない体調に悩まされていたからです。
アセンションへと向き合い、努力を始めた頃から、
まず、私はオーラソーマのボトルがあまり働くなりました。
次にポマンダーやクイントエッセンスも同様になり、
さらにフラワーエッセンスも私に対しては働かなくなっていきました。

こういう状況ですので、自分へのヒーリングはクリスタルと、
マスターや天使のもたらす聖なる炎の力頼みになっていきました。
こちらは、何年も前に1~7の光線を越えた数字の光線を使わせて貰っています。
それなのに、何故不調が出るのか?
疑問でしかありませんでした。
私の1~7のチャクラは、数日単位であればクリアーにすることができる、
昔でいうなら「覚者」とか言われても不思議でもないレベルに自分が達しているのは、
自覚するのに安定しない。
時間が経つと必ず不調が出てくるのでした。


何処に問題が残っているのか?
これを探す毎日だったのです。

魂レベルでハートとベースチャクラに傷があるのはわかっていたので、
痛みや不調が出るならまだ癒しが必要と向き合っていましたが、
先日、ハイアーセルフよりアストラル体にザ・ジャッジの許しが必要と言われ、
許しを乞うと、いきなり深いところから哀しみが浮上しました。
つまり、この哀しみ、ネガティブエネルギーは、私に固定化されたものだったと
理解しました。
権限のない存在には癒すことが叶わない状態になっていたということです。
この日よりコーザル体より上でハートが痛むことが無くなっていきました。

そして、先日幼馴染みが久しぶりに(温泉旅行に行った時以来)
私をエネルギーリーディングしてくれて開口一番は「なくなっている」でした。
何がとは口にしていなかったけれども、それがあるために手出しできないような
状態だったようで、今まで見えなかったところが見えたという感じでした。
彼女に何が見えたかというと、
クンダリーニエネルギー(神の力であり生命力そのものである力)の逆回転だったのです。

彼女はこちらにシンクロするので、途端に「お腹が苦しい・・・」と言って
身をかがめながら体感してわかったことを伝えてくれました。
私のクンダリーニエネルギーはお腹から下は、左回りの螺旋で動いていて、
胸から右回りの螺旋になっていたのです。


太古の海に生息していたアンモナイトとオーム貝。
よく似た種であったものの絶滅した種と、現代まで生き残った種の違いは、
貝の巻きの向きであるという説があります。
アンモナイトは左巻、オーム貝は右巻なのです。
エネギーとして左回りは閉じる方へ、
右回りは開く方へと働くことは知識として私も知っています。

クンダリーニエネルギーが背骨の基底部から螺旋を描いて体内を
各チャクラを通りながら上昇することは知られています。

しかし、この螺旋の向きに注目した文献は、私は目にしていません。
ただ、チャクラの回転についてのものは覚えがあります。
もっとこの逆回転について注目すべきというものと、
勝手に向きは変わるから意識する必要はないという真逆のものでした。


思い返せば、私が初めて自分で自分のチャクラの回転の様子を調べた時、
クラウンチャクラほかは右回りでベースチャクラだけは左回りでした。
ヒーリングを続けていくうちにベースチャクラは、右回りになりました。
後に知ったチャクラの前後という姿に、分けて計測するようにしますと、
2~6のチャクラは、一つのチャクラが身体の前後で、
繋がっているけれど回転の向きが違うことがあるのに気づきました。
例えばセカンドチャクラの前は右回りだけれど、セカンドの後は左回りである
というような状態です。
こういう時は必ず身体に不調がありました。


すでに何年も前からチャクラの逆回転はなくなっていたのですが、
私の体調の不安定さは消えなかったのです。


お腹から下でクンダリーニエネルギーの向きが逆回転している。
このことを理解すると、
私の身体に現れていた様々な不調に納得が出来てしまったのです。
ベジタリアンであっても頑固な便秘に悩まされるとか、
膀胱の内圧が異常に高いとか、いつも横隔膜が緊張しているとかは、
内側へと、閉じる方へと力が働いていたから・・・。

受け取りたくても受け取れないでいた豊かさのエネルギーとか、
いつも評価されない結果に終わるとかいった残念な話にさえも説明がついてしまう。



チャクラのことやクンダリーニエネルギーのことは、目に見えるものではないので
証明は難しい話ではあるけれど、健康的に生きるということを考えると、
無視の出来ない大切なことがらで、
長年ここと向き合ってきたけれど、こうして答えがみつけられたのは、
単純に嬉しいことです。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

B121 プルトン 誕生 [オーラソーマ]

IMG_20210912_095022_629.jpg
先日の私の誕生日にお祝いのメッセージをくださいました皆様、ありがとうございます。
我が家では姪が誕プレとして送ってくれたフラワーアレンジメントの百合が、
次々と開花し昨日最後の蕾が開いたところです。
今年は、赤白黄色ピンク紫青とカラフルで盛りだくさんなバラを中心としたアレンジ
だったのですが、私の心をもっとも捉えたのが写真のバラで、
外側の花弁にペールグリーンがピンクにグラデーションの入ったものでした。
私のバースボトルB99を彷彿とさせる色で、
この色のバラにもっとも心惹かれる自分に驚きつつ納得するという数日を過ごしていました。


そして、タイトルの通り新しいボトルの誕生をお知らせ致します。
B121 プルトン
なんだか美味しそうな名前!?いやいやギリシャ神話の冥王ハデスの別名ですって。
しかもその色が、上層ライムグリーン下層オレンジと、
新色誕生!!
ライムグリーンはオリーブグリーンよりも黄色が多い色とのこと。

コOナの影響で、世界的に日常に変化を強いられている現在、
これまであまり誕生しなかったオレンジコンビネーションのボトルが、
こんなにも速く続けて誕生していることに、
人類の霊的進化のスピードが上がっていることが実感されます。
私自身今月に入って色々な気付きと変化が起きていますが、
これについては後日改めて詳細を書きます。

今日は取り急ぎお知らせまで。



マイクからのお知らせはこちら→https://www.aura-soma.com/downloads/Emails/B121/aspl/japanese.html?fbclid=IwAR1onDFnZ4ysONq4ObozAl2KvqJk7twbQ0UNOopCD5pwYpGBkVTRKKKf2o8
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

夜明け前 [アセンション]

DSC_0105.JPG
残暑お見舞い申し上げます。

雨のおかげで少し涼しい日があったおかげで、今年は身体へのダメージが
低く済んでいる私ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
まだまだ残暑が続くと思いますので、どうぞご自愛くださいませ。


さて、先日幼馴染みが、コロOの感染予防に効くと言って、
わざわざ松葉茶を作って持ってきてくれました。
レモンを搾って蜂蜜を入れて飲むと飲みやすくなるそうですが、
私はレモンだけでもいいと感じました。


惑珍の接種者が増えるとともに、具合の悪くなる人の数が増えているという、
不気味な話も身近に届いております。
それなのに、ついには野菜にワクチン入りのものが登場、販売されているという・・・。
日本の食品メーカーここまで闇に染まったかという気分になる話です。

接種するのもしないのも個人の意志で、接種する人を否定はしませんが、
そもそも病気は自分が創り出していることを思い出して欲しいと思います。
同じ環境下にいても感染する人としない人がいるのは、
その人個人の心の在り方が大きく関係しているのです。

感染したらという不安、
自分が感染源になったらという不安、
どちらにしてもここには恐れの問題があり、
宇宙を信頼して生きることからは、離れた姿です。

以前に書いた通り、肺炎は喉のチャクラの不調と関係しています。
喉のチャクラは、オーラソーマではブルーで整うとされていますが、
ブルーのキーワードには、平和や信頼があります。
また、アセンションにおいて最初の獲得が示されている神の第一光線も、
ピーコックブルーであり、この獲得において必要とされる学びは、
宇宙(神)への信頼と、
サレンダー(手放し)が含まれています。

これはすでに不安など掴み続けてはいられない状態なのです。


コロOには、いくつもの陰謀説があります。
某国の細菌兵器であるとか、
人類を管理下に置くための手段であるとか、
でたらめであり、そんなものは存在していないとか、
存在のない病故に、実はこのワクチンは薬ではなく、毒(菌)が混入されているとか、
それは世界的に人口を減らそうとしているためであるとか、etc.


色々耳に届いていますがどれも否定しきれないのが現状ではないでしょうか。


私からお伝えできるのは、
地球がアセンションし、光の世界に向かうにあたり、
闇が濃くなることも起きるということ。

1日の内で闇がもっとも濃いのは、夜明け前なのです。

どんなに闇が濃く、社会に噴出してきたとしても、
それは、光がさらに強まっているから、
光の世界に向かっているからなのです。

そのなかで、人類は個人個人が神の第一光線を獲得しなければ、
地球の進化にはついていけなくなるのです。


後になるほどハードルが高くなっているように見えるのは気のせいでしょうか?
ご自分が「百匹目の猿」になるから、
アセンションについて学ばなくてもいいなんて言ってられない
世の中になってきているように私には見えているのですが、
皆様にはいかがでしょうか。
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

天使からの緊急メッセージ [アセンション]

CIMG3774.JPG
身の周りで惑珍の接種後に不具合が出たケースが耳に届くようになりました。
皆様の周りではいかがですか?

私自身は、レムリアの教えに従い打たないことを選択しておりますが、
家族や友人に強要することでもなく、自主選択にまかせていたら、
残念な選択をした者もおります。
結果、苦しんでいるのは、自業自得に見えるかもしれませんが、
このことについて、天使より緊急のメッセージを受け取りましたので、
お伝えします。


ワクチンによる悪影響を受けてしまった方々は、 天使にデトックスを願ってください。

彼等は、苦しんでいる人々に救いの手を伸ばしたいと思っています。
けれども、本人からの願い、許可がなければ、手出しが出来ないのが、
天使という存在なのです。

信じて、願ってください。
そして、必ず、お礼を言うのを忘れずに。

もちろん、この他の物理的なデトックスをするのも良いことです。
結果はすべて行動した者にのみ付いてきます。


1人でも多くの人が闇から抜け出し光の世界へ向かわれることを願っております。
タグ:デトックス
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ブループリント-人生に影響するパターン [治病]

CIMG3777.JPG
自治体での惑珍接種が始まっていますが皆様はどのような選択をされたのでしょうか。
充分な臨床期間を伴わないものを使ってしまうことについて、
ぞっとしているのは、私だけでしょうか?

海の向こうの国では、すでに裁判がなされ、製薬会社側が負けたというような話が、
個人を通じては、入ってきますが、マスコミには報道されません。
選挙カーは、どこのものも「速やかな接種を」と接種をあおるばかりで、
惑珍接種が健康を守るものと信じて疑わない姿勢に、残念に思う私です。



最近やっと目覚ましの時刻に起きられる日が増えてきました。
かなり、深いレベルのヒーリングは終わったようです。
ハイアーセルフが示すヒーリングが必要なオーラの層の10を越える数字に驚きつつも、
私の場合は納得する日々でした。

一般的な人々であるなら10を越えることは殆どないのではと思います。
正直、ガンでさえも6までで対処できるという感触があるのです。

その10より上の数字が示されなくなっても、
ハートの裏側が痛み、不調が発生することを何度も繰り返していました。
さらに、ヒーリングが必要なのはエーテル体であっても、
天使やマスターでは対応できないことも増えて、
サポートをお願いする相手としてハイアーセルフや大いなるものの存在が増えました。
どうやら私のハイアーセルフは5次元より上にいるようです。

これらとの繋がりを取り戻せたことがとてもあり難いです。


そして、今回のタイトルのブループリントは、第7レベルというのが私の感触です。
ただこれは現在のところのものなので、私の感覚精度が上がり誤差が出ることは、
あるかもしれませんが、この数字が下がることはないでしょう。
つまり、ガン等は生まれ持った運命とは違うということです。

ブループリントは、魂の青写真とか使命とかの言い回しもされるものです。
ここにある情報をもとに人生が左右されていく。
でも、私が遺伝子異常という先天性の障害を持って生まれてきたことは、
ここの情報が元になっているわけではなく、もっと上のレベルで決まっていたわけです。

そういうことが、体感的に理解できたのです。

癒しても癒してもいつのまにかチャクラの活動が低下し、
健康な状態の維持が難しいという私。
オーラの高い層に原因があるから、
低いところだけ癒しても不調が戻ってきてしまうのですね。
特に、ブループリントという層は、他よりも状態の保持力が強いように思います。
肉体に不調が出ていても、原因がメンタル体とかにあった場合、
メンタル体をヒーリングすれば、時間がかかっても不調は改善します。
同時にエーテル体も対処すれば、回復は速くなります。

けれど、ブループリントにあるものは、
それより上のものをヒーリングしても、ブループリントもヒーリングしないと
変化しないのでは?!という風に状態の固定化が強いように思うのです。

といっても、ブループリントもヒーリングは出来るのですけれどね。



地球の次元上昇にともない、
人間もレベルが進化した人が現れてきていますから、
今までのやり方に固執しないほうがより幸せになれるように思っています。

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

誕生B120ペルセポネ [オーラソーマ]

CIMG3773.JPG
新しいボトルの誕生というNewSが飛び込んできました。
B120ペルセポネはクリアー/オレンジというボトルです。
コロナ禍に見舞われ世界中で恐怖やショックと日常的に向き合う人類の
オレンジに関わる霊的成長が進んでいるのが伺えます。

正直このブログには書けないような情報も日々耳に届く毎日になりましたが、
それにショックを受けている暇もありません。
何故書けないかというと、このブログは癒しについての可能性を追いかける場であり、
世の中や人間の闇を晒すのは目的からずれるからです。
そういうのは私の役目ではないと思っています。

自分の中心にいるということは、心のゆらぎも少なくなります。

反対に、自分の中心にいないのがオレンジのネガティブな状態です。
私が必死になって抜け出してきた状態と、今、人類は向き合う時を迎えているのです。
今まで健康でいられた人が、いきなり病気がちになっていたり、
色々と勝手が変わりつつあるのを見かけています。

大きな恐怖となったものも、浄化の過程に入ったとも見えますね。
まだまだ、涙を流すことも続くかもしれませんが、
この未来には至福があるのだと、
学びあいたいものですね。

B120の情報はこちら→https://www.aura-soma.com/downloads/Emails/B120/japanese.html
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

原因に覚えがありません [親と子の葛藤]

CIMG3771.JPG
しばらくお付き合いのあったクライアントさんからの依頼が完全に途切れたようで一安心の私です。
人に依存することが止められない、対人恐怖症を引き起こし、育児放棄寸前の
子育て真っ最中の方なので、急務でした。
何故なら子供の成長が親の回復を待ってはくれないからです。

Nさんは、子供がもうすぐ幼稚園に上がる頃、
気がついたら対人恐怖症を発症して家の外に出られなくなっていました。
他者にどのように見られているのかが気になって、不安に駆られるという状態でした。
夫婦仲は良好で、ご主人のほうが子供の相手は上手とか。

恐くて人に会いたくないけれど、来年には子供の登園が始まる。
送り迎えが毎日のようにあり、引きこもっていられなくなるのも理解している故の
相談でした。


CIMG3755.JPG

遠方の方でしたので、メールでやりとりをさせていただいていました。
Nさんには、元から人の目は気になるほうではあったものの、
何故こんなに酷くなったのか原因に心当たりがないというのです。
対面での対応ではないため、オーラソーマのセッションは出来ないのですが、
ボトルを選ばせたらオレンジを選びそうな状態と思われました。
急務ではあるけれども、腰を据えて長期に取り組む必要があることを理解して貰って、
ほぼ毎月1回以上のフラワーエッセンスの遠隔リーディングと平行して、
オーラソーマのオレンジやピンクポマンダーと26番ボトル、87番ボトルを
使うようアドバイスを続けました。
エッセンスも始めのうちは、ミックスできる種類が少なく、働きかける層も
エーテル体、アストラル体、メンタル体までに限定されていました。

本人の顕在意識上に原因がないというのは、
実は受け止めきれないほどのことがあって記憶を無くしているからなのです。
これをいきなり暴いても癒しにはなりません。
Nさんの内なる教師「ハイアーセルフ」にペースを任せる必要があります。
ですから、毎回のリーディングがとても重要なのです。

CIMG3764.JPG

1年半ほどかけてコーザル体に必要なエッセンスが出てくるようになりました。
Nさんの依存はカルマの絡んだものだったのです。
彼女はよく「何もかも捨てて山奥にひきこもりたい」といっていましたが、
他者に頼ることの必要性や相手への感謝をもつ関係性にこそ学びがある人なので、
全てが必然として起きていたのでした。


そうして、精神科の薬や私への依存無くして生活できるようになった彼女から
連絡が来なくなったことを喜ぶ私なのです。

★写真は最近私が作っているがま口です。
nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

デュモルチェライト [クリスタルヒーリングⅠ]

CIMG3752.JPG
出かける前までがへろへろでしたが、宿泊先では連日アラームより先に目が覚める。
東京へ戻ってきたら、再び朝は起きられなくなったので、
これは睡眠中に東京の守りで何か活動しているのだと思うしかない、私です。

今回の旅行先は以前も利用したことのある湯治場です。
観光するような物もなく、本来は自炊ですが、
今年は、母その2が食事の用意をしてくれたので、
へろへろな私が作ることにならずに済んですごく助かりました。

CIMG3736.JPG
その宿泊先のそばにある渓谷で採れると言われているのが、
デュモルチェライトです。
フランス人で古生物学者のユージン・デュモルティエ氏の名から、1881年命名され、
親しまれてきた石とのことですが、人気が出たのは、
ブラジルで水晶の中に入り込んでいる鉱床がみつかった2000年以降のこと。

水晶の中で青い花が咲いているような様子は、とてもきれいです。

効果としては、宇宙の知恵に結びつくことを助けるとか、
ストレスの軽減並びに心の耐性を強くしてくれるとかが検索するとみつかりますが、
私は疑問を感じます。

デュモルチェライトの色は空色から薄い青紫と少し幅はありますが、
かなり明るいものでもその青のなかに紫を感じる色で、
私はストレートに、「第6チャクラに働く石」と感じます。
第6チャクラ、直感を刺激してくれるから宇宙と結びつくと感じるのであって、
宇宙の叡智というイエローゴールド系のエネルギーではないと思うのです。
更に、ブルーには、沈静化というエネルギー的傾向があります。
これが働いているのであって、石そのものパワーというのではないのでは?!
と思うのですが、どうでしょう・・・。

今回、その河原で石を拾ってきましたが、
この石がデュモルチェライトの原石かどうかはよくわかりません。
今後暇な時に磨いてみたいと思っています。
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

お休みのお知らせ [営業のご案内]

CIMG3714.JPG
なんだか月一の更新になってしまいすみません。
年明けくらいからとにかく体調が不安定で、朝は全然起きられないし、
原因不明の痛みに毎夜襲われるしで、
気力体力がそぎ取られる毎日が続いていました。

やっと、解決の糸口が見えて、少しずつ上向いてきたところでして、
月末は湯治に行ってきます。
先月くらいの状態だと出かけることも出来ないほど、だったのですが、
今なら行ける程度には回復してきましたので、リフレッシュしてこようと思います。

今週の金曜は定期診察日で、これは簡単には日にちをずらせないので、
きちんと済ませてから月末まで出かけてきます。
電波が届きにくいところですので、
帰ってくるまではメールも見られないかも知れませんこと、お知らせ致します。

CIMG3716.JPG
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

先祖供養の穴 [ヒーリング]

CIMG3688.JPG
私が転倒し、怪我の療養のためにまだ1日をほぼ寝て過ごしていた頃、虫に刺されました。
朝目覚めると3箇所、寝間着に覆われている部分だけであることと、
刺されたところが水ぶくれになっていることから、ある種のダニであると判断し、
ふらふらになりながらベッドリネンとその時着ていた寝間着などを取り替え洗濯しました。
これが良かったのかこの後は、一度も刺されていません。

刺された3箇所の内2箇所は、跡形もなく治りました。
ところが、1箇所だけつねに衣服のゴムなどが当たりやすい場所のせいか、
半年経っても腫れと痛がゆいのが治りませんでした。
変だと思い、これを幼馴染みに相談してみたところ、
「少しずつ降り積もった先祖からの影響・・・霊障だから医者に行っても治らない。
だけど、その時が来たら自分でできる方法で除霊ができる。」
と、言われました。
つまり、その時除霊してはダメってことと理解しました。
ただ、痛痒いのだけは抑える方法を教えて貰って、対処しました。

そのまま、過ごしていたのですが、最近突然痒みだけが復活したので、
そろそろ処理する時期が来たのかと向き合う気になったのです。


さて、先祖供養と言われても「何故」と疑問になる私。
父方の先祖に繋がる者と、見落としがちになり易い母方の先祖、
母の旧姓(渡部)と祖母の旧姓(林)それぞれまで浄化した覚えがあります。
一体どこに未浄化が残っていたのかと考え込んでしまいました。
私が知る親族がここまでだったのです。
答えが出ない時は、時期が来ていないのだと手放していました。

再び痒みに腫れ上がった患部を見つめていると、閃きました!
父方の祖母のことを忘れていたと。
この人、幼稚園にも行っていない私の霊能力を使ってこっそり小遣い稼ぎをしていた、
かなり問題ありの人だったので、個人的な処理をするだけで済ませていました。
しかし、考えてみればこの人だって私の先祖の一人で、
耳が聞こえないという後天的な障害のために親族と縁を切られた人なので、
この人の旧姓を知らないのですが、付き合いがなくても確かにそちらも私の先祖になります。

浄化に手をつけていない先祖です。

早速処理すると、すぐに痒みは治まりました。


先祖供養ということを考える時、姓を継いでいない母方を忘れがちであるものです。
今回なんて生活上は縁を切られていたから、家名さえ知りません。
それでも、この肉体のもととなるものを与えてくれている、
DNAの繋がりのある先祖なのです。

CIMG3685.JPG

私は先祖供養に関しては、宗教に寄らぬ方法で行っています。
以前は誰にでも出来る方法として、写経をしていました。
写経を使って水と空と土を浄化するというやり方です。
すなわち、水に流し、焼き、埋めるということをしていたのです。

現在は別の方法で行っています。
特に今回は清めるべき相手の名前も知らない先祖ですから、
写経しても処理のしようもないのです。
お墓を探せないですから。



★今回の話題とは関係ありませんが、
知人からチャネリングによる情報が届いています。
「今月の満月を女性は肉眼で見つめて欲しい。そうすることで得られるものがある。
古い魂の持ち主は、これをすると次は金星から受け取ることに繋がる。」とのことです。

タグ:先祖供養
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

エメラルド ハート [営業のご案内]

CIMG3666.JPG
今年初の更新になってしまいました。
本年も宜しくお願いいたします。

So-netのサービス終了により新しくホームページを起ち上げることにしました。
とりあえず無料で作れることと、もともとそちらにもアカウントをもっているので、
アメーバのOwndに開設いたしました。
この開設にあたり、こちらのブログのURLに使っている
「Emerald-Heart」で、揃えて作ることができたのが、嬉しいところ。
このフレーズは私のエメラルドが好きという所から作ったもので、
後にオーラソーマでこの名前のコースが開催された時には、驚きました。
So-netでホームページを作る時にも使いたかったのですが、
使うとあまりにも長くなるので、諦めたのです。
後でサイドバーの設定も変更致しますが、先にこちらでお知らせしておきます。

新HP https://emerald-heart.amebaownd.com/


まだ、作り込みがあまいのですが、So-netのほうが終了してしまっているので・・・。
現在オーラソーマは休業中なので、まだページを起ち上げておりません。

CIMG3667.JPG

一応こちらのブログはこのまま続けていくつもりでいますので、
今後ともどうかよろしくお願いいたします。

CIMG3668.JPG

今回の写真はクリスマスプレゼント用に作った耳付きがま口です。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

年末年始のお知らせ [営業のご案内]

大天使ガブリエル2020.jpg
初期の頃にアナログで描いたガブリエルのイラストをフォトショで加工しました。



今年私は叔父と伯父を亡くしました。
叔父は父方で、伯父は母方です。
本来私は姪なので六親等ですから喪中扱いにはなりません。
けれど、伯父は早くに両親をなくした母にとっては父親代わりの人で、
つまりは私にとって祖父的な意味合いも兼ねてお付き合いのあった人でした。
いつもリンゴを送ってきてくれていたのがこの方です。

一般的には喪中とは言わないものの心情的には・・・という微妙な状態ですので、
来年の賀状、並びに年頭のご挨拶は控えたいと思います。
かわりに、クリスマスのご挨拶をお届けしたいと思います!


もしかすると、このまま今年は更新が最後になるかも知れません。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

B119誕生と2020東京国際ミネラルショー [オーラソーマ]

CIMG3664.JPG
昨日は、池袋で開催されている東京ミネラルショーに行ってきました。
今年はコロナ禍のもと、国内にいる業者さんだけが集まるという状況です。
この意味では、目新しいものが出てくるというのは期待できないのです。
我が国は、実は鉱物資源は意外にも豊かなのですが、
国土が狭いので何処でも掘り返すというわけにはいきません。
このせいか、まだまだ隠されていると、私は感じています。
掘り尽くしてしまったら地球のエネルギーが通わない土地になってしまうので、
隠されたままでいいとも思っています。

ともかく、新種の石とかいったものはないでしょう状況なのです。
そして私が今回購入したのは、
アースラブワークスさんで、
ゼコデソーザクォーツとうものと、フローライト・イン・クォーツ
ゼコデソーザは産地の名前で、ブラジル産とのこと。
ブラジルにある五次元の地下都市には、アトランティス系の方々が多くいるらしいので、
あの国から見つかる石に何らかの特徴が付与されているのには、頷くばかりです。
クォーツとしてはそれほど特別なものでもなく、
私が購入したのは顕著に黄色いですが、鉄分の付着による発色で、
黄水晶ではありません。
以前購入したモンドクォーツ(こちらも産地の名前をつけて呼ばれます。)と、
相性よく働くとのことで購入してきました。

フローライト・イン・クォーツにみつけられるフローライトは、
いまのところ青だけらしい。
青いフローライトは精神の安らぎに働くので、心の平安を求める人がもつのは、
よいかも知れません。
そして真ん中の二つは、別のショップで九州宮崎県産の石です。
白い方は高千穂産です。
あそこはキャンドルクォーツがみつかるようです。
白くて細長いのが多いので、ユニコーンの角に向いているのですけれど、
コストは水晶としてはかなり高めなので、
オーダー以外の販売にためらうところです。
有り難いことに昨年もお会いしていることを覚えていただいていて、
「今年も来てくださった方にはプレゼントしているんです。」と、
シングルポイントをいただきました。

と、ここまで読んでいただくとおわかりになるでしょうが、
私は最近どこから産出したクリスタルなのかに、拘るようになってきています。
産出地がその石のエネルギーを決定づけているからです。


帰ろうとサンシャインの建物を出た瞬間、私の目に飛び込んできたのが、
渋谷行きの都バスでした。私は都営交通は無料パスを持っています。
また、渋谷から祖師ヶ谷大蔵へはバス1本で帰れるのです。
少し遠回りで時間もかかるけれども、乗り換えが楽で、交通費が安くすむ
バスとバスで帰宅することにしました。
二時間かかりましたけれど、どちらも始点から終点までなので、
安心して乗り込み、人生で初めて都営荒川線の実物を目にしました。
池袋って相性が合わなくてミネラルショーの時にしか行かない土地なのです。

そんないつもとちょっとだけ違うお出掛けをした夜の遅く、
イギリスからボトル誕生のメールが届きました。

B119 セレス  オレンジ/ディープマゼンタ

個人的にはとても欲しかった色の組み合わせです。
でもきっと、この思いは私だけではないはず。
そうでなければこの色の組み合わせが誕生するはずがないのですから。
ボトルについての詳細はリンク先でお読みくださいませ。

https://www.aura-soma.com/downloads/emails/b119/aspl/japanese.html

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
前の20件 | -